抗精神病剤を脳の仕組みや働きから考えると認識も広がる

心の病というものは誰にでもなりうる可能性があります。抗精神病剤などといった薬剤においてもその認知度は高まっており、個人輸入代行業者を利用して治療薬を入手しているという方もまた増えています。

しかしながら、なぜ心の病気が起こるのか?脳でどのような作用が起きているのか?という部分についてはご存じない方もいらっしゃるでしょう。

そこでここでは、脳での動きというものを中心に考えてみましょう。

脳は精神活動もつかさどっている

脳には100億から140億の神経細胞が密集しているといわれています。神経伝達物質やホルモンなど、進退を正常に保つための「活性物質」と呼ばれるものが分泌されているのです。

判断の材料:セロクエル(抗精神病薬)の個人輸入なら任せて安心TOP http://www.ntp-k.org/medicine/mental/seroquel.html

神経細胞や活性物質があることにより、脳は身体のさまざまな組織・器官と連携をしています。そしてそれは生命活動ばかりではなく、精神活動もコントロールしているのです。

脳について知ること

脳は大きく分けると「大脳」「小脳」「脳幹」から成り立っています。このことはご存知の方も多いのではないでしょぅか。脳幹が正しく機能をしていれぱ、生命の維持ができるといわれています。

小脳は身体の平衡機能が保つような働きをしています。そして大脳ですが、行動をしたり考えたりという「よりよく生きる」ために使用している部分ともいえるのです。

そして心の働きについてもこの大脳で行われています。言葉・記憶・感情・思考・気分・意欲・判断・知能などはじめとするさまざまな精神活動をこの大脳がつかさどっているのです。

大脳の仕組みについて

大脳は、左脳と右脳の2つの「大脳半球」からなりたっています。表面の灰色色の「大脳皮質」は、古い皮質と新しい皮質の2層で作られています。

古い皮質は、動物的・本能的な部分に関係をしています。新しい皮質には、本能ばかりではなく適応能力よ創意工夫などといった理性的な部分に関係しているのです。

さらに、精神活動においては、その大半が大脳皮質の「前頭葉」という部分で行われています。感情や言語・運動中枢がこの前頭葉にあります。

資格や記憶は「側頭葉」、判断や間隔認知は「頭頂葉」、視覚中枢は「後頭葉」という部分にそれぞれ存在しているのです。

抗精神病剤は脳に作用をする薬

このことからお分かりのように、心の不調というものは「脳の不調」ともいえると考えることができます。ストレスがかかってしまうこと・交感神経が働き続けることによって脳が誤作動を起こしたりオーバーワーク状態になることも考えられるのです。

そして、そんな状態を緩和させるのが抗精神病剤をはじめとする「心の薬」と呼ばれるものたちなのです。よく、心という臓器がないのだからという言い方をしますが、脳に作用をすることで精神活動を安定化させるという仕組みがわかると、抗精神病剤を服用する意味というものもわかってくるのではないでしょうか。

服用することで脳の状態を安定化させる

抗精神病剤などを服用することによって、脳の継続的な緊張状態を和らげたりという効果が期待できます。このことにより、症状の改善が見られるのです。

その時々の症状にあわせて薬剤を選んでいくことによって、快適な心身状態へと導くことができるでしょう。

仕組みについて知ること

今回は、脳の仕組みという部分を中心に抗精神病剤を考えていきました。こうした部分について改めて認識をしておくことによって、さらに薬剤に対しての知識や認知というものが広がるのではないでしょうか。